オンラインストアTOP >自分で出来るコンチョの取り付け方法

自分で出来るコンチョの取り付け方法


用意するもの

1. ゴムハンマー(木製でも可)
2. マイナスドライバー
3. ハトメ抜き4mm径
4. 革スペーサー※無料同封できます
5. ホック
6. コンチョネジ※コンチョに付属しています
7. コンチョ

以上のものをご用意ください。この他にハトメ穴を開ける際、革を貫通しますので、ゴム板や木片などあると便利です。
※ハンマー、ハトメ抜き等は100円ショップでも入手可能です。

取り付ける穴位置を決める

今回はロングウォレットのフラップにコンチョを取り付けてみます。
フラップにネジを外した状態のコンチョを乗せ、縦、横、ホックの受けの位置を確認しながら、位置を決めましょう。革に強く当てると印がつきます。
この印が穴を開ける位置の目安になります。

穴を開ける

印に合わせてハトメ抜きで穴を開けます。ハトメ抜きを垂直に立てて、しっかり貫通するまで数回叩き込みます。
この際、ゴム板や木片を下敷きにすると作業しやすいです。 安定したテーブル等の上で作業してください。

革スペーサーの役目

続いてコンチョ側の作業に入ります。
この革はコンチョのドームの深さに合わせ、裏に付けます。
コンチョご購入の際に無料にてお付けしますので、お気軽にお申し付け下さい。


革スペーサーを入れる

本体との間にすき間が出来てガタついてしまうのを防ぐために、革スペーサーをコンチョ裏のネジにはめ込みます。
ここで気をつける事は、はみ出ているとコンチョが浮いてしまい、少なすぎるとコンチョのドームに合わせフラップが歪んでしまいます。
ホック開閉のスムーズさにも関係してきますので、通常2枚重ねると良いかと思います。



ホックとコンチョネジ

コンチョ背面のネジはお買い上げいただいたコンチョに付属しております。当サイトでは7mm径と9mm径のいずれかのネジが1個付属されますので、各商品ページをご確認ください。
9mm径のネジですと、ホックがうまく閉まらない場合がありますので、 無料にて径を小さくする加工を施してお届けしています。

コンチョを取り付ける

ホックのメスにコンチョネジを差し込み、フラップ裏側にセット。同時に革スペーサーをはめ込んだコンチョを表側にセットし、マイナスドライバーでまずは軽く締めます。
通常コンチョデザインには上下の向きがありますので、本締めの前に向きを確認してください。
向きを確認したら、しっかりと締め込みます。
※脱落にご注意下さい。
革が馴染んできますと、ネジの増し締めが必要になります。知らないうちに無くなっていた!ということのないよう、たまに締め付け具合をご確認ください。

動作を確認する

コンチョの取り付けが済んだら、ホックの動作感を確認します。
お手持ちの革製品のオス側ホックが同形状・同口径とは限りませんので、他社製品のコンチョのみを交換したいという場合は、事前にお問い合わせをお願いいたします。

完成です

ご不明な点は、お気軽に工房までお問い合わせ下さい。