オンラインストアTOP >ピンストライプオーダー承ります

革にピンストライプオーダーメイド承ります

革にピンストライプオーダーメイド承ります
 
世界に一つのカスタムを。
ご注文いただいた革製品に、オリジナルのピンストライプを施してお届けいたします。



ウォレットへのピンストライプ

ピンストライプウォレット
     

各種ケースへのピンストライプ

ピンストライプ各種レザーケース
     

その他のピンストライプ

ピンストライプその他レザー
   



ピンストライパー
HIGH JUMPER(ハイジャンパー)増永修治氏
HIGH JUMPER(ハイジャンパー)
増永 修治 氏

1997年よりカスタムペインターとして活動。立体物へのペイント及びピンストライピングのほか、アーティストCDジャケットや各種印刷媒体でのデザインも手がける多才なアーティスト。現在、横浜市港北区のアトリエにてペイント活動を展開中。





 

ハイジャンパー増永氏とは、2008年に当社工房ショーウインドウにピンストライプを描いていただいたことが縁となりました。アーティステックな感性が生み出す繊細かつ大胆な、そのピンストライプに、スタッフ一同感動したことを覚えています。
お客様にも革製品を通じて、ピンストライプの楽しみや感動をもっと感じていただきたい。そんな思いから、この度コラボレートさせていただく運びとなりました。カスタムメイドの神髄をより深く。ノーベルの挑戦は続きます。



ピンストライプご注文方法

世界に一つだけのカスタムレザーアイテムを持つ喜びを提案する、今までになかったコラボ企画。ノーベルレザークラフト製品をご注文いただいた方に、[ ハイジャンパー 増永修治氏 ]オリジナルのピンストライプを施してお届けいたします。

+ + +

・ご購入の際に、合わせてご注文ください。

・ショッピングカート2番目画面の「配送設定の入力」備考欄にて、ピンストライプ希望の旨をご記入ください。

・お電話、FAXでも受け付けております。

・ノーベル商品を新規でご注文された方に限らせていただきます。



ご質問
【Q1】どんなデザインでも大丈夫なのですか?

>基本的にはお受けいたしますが、ピンストライプはデザインや曲線にアーティストの感性が大きく反映されます。希望するイメージを伝えた上で、ある程度お任せしたほうが完成度が高まるというのが実感です。

【Q2】年数と共に消えてしまうのでは?

>アメリカ製専用エナメル塗料を使用し、ピンストライプ部分にクリアコートを施しておりますので、日常使用の範囲では剥がれないかと思います。私物ウォレットではクリアコートなしの状態でも消えておりませんが、革同様、経年変化も味のひとつと考えていただけると幸いです。

【Q3】色は選べるのですか?
ピンストライプカラーサンプル

>全13色よりお選びいただけます。カラーコーディネートなど、お任せいただくことももちろん可能。お好みに合わせて、お楽しみ下さい。
使用する色数で金額が変わりますので、詳しくは下記プライス表をご参照ください。
※左画像クリックで大きくご覧いただけます。



ピンストライプ価格表

今までのオーダーでの参考価格となります。デザイン・色数・サイズ等により異なる場合がございます。

¥5,250−(1color)
▲ハーフウォレットへ3cm四方

¥7,350−(2color)
▲ロングウォレットの角へ

¥5,250−(1color)
▲ロングウォレットカードホルダーへ

¥7,350−(2color)
▲ロングウォレット背面へ

¥8,400−(1color)
▲キーケース全面へ

¥23,100−(1color)
▲ロングウォレット表全面へ※図案ご指定


「ご予算に合わせてお任せで...」というご注文も承りますので、お気軽にお問い合せ下さい。



ピンストライプとは

ピンストライプとは、1950年代にアメリカで生まれたKustom Kulcure(カスタムカルチャー)の一つで、車やモーターサイクルに使われるカスタムペイント技法。ケニスグレイムハワード(通称Von Dutch)により創始され、毛足の長い独特の筆を使い、フリーハンドで曲線や直線の美しい柄を描いてゆきます。

デザインにジャンルやルールといったものはなく、ラグジュアリー感やポップ感など、デザイン次第で雰囲気がガラリと変わるのが魅力。
ピンストライパーの感性と力量が文字通り色濃く反映されて、そのすべてが手作業ということもあり、同じものは決して出来ません。まさに世界でたった一つの、自分だけのカスタムアイテムと言えることでしょう。